ジャーナルを選び、研究を可視化する

数多くの医学研究が出版される中、著者、企業の出版担当マネジャーにとって、研究結果を広く知ってもらうために、インターネットをはじめとするテクノジーを利用することは避けられなくなってきています。投稿先ジャーナルは、論文の単なる保管場所ではなく、出版された研究を先に進める貴重なパートナーであるからです。企業主導型の研究に適したジャーナルを選ぶには、ジャーナルの中核となる投稿要件、ジャーナルの評判に加え、いくつかの要因を検討する必要があります。

ここでは、ジャーナルの持つ影響力、その範囲、出版された論文の可視性をどう最大化するか、そしてどのように読者とつながるのかを検討します。

ジャーナルの影響力を理解する:著者は、ジャーナルの影響力と“インパクトファクター”を同じものと考えがちです。インパクトファクターの高いジャーナル(例:The LancetNew England Journal of MedicineあるいはThe BMJ)は評判が高く、様々な専門分野からの臨床医や研究者に読まれていることは確かです。けれども、広い範囲をカバーするジャーナルには多くの投稿が殺到するため、投稿拒否率が高く、The BMJに至ってはなんと93%となっています。1

著者と共同し、競争率のそれ程高くないジャーナルを選ぶことが多いかも知れませんが、それでもジャーナルの基準をしっかりと理解することは必要です。ジャーナルの中には、“インパクトファクター”という言葉を広義で使い、Web of Knowledge に基づいたJournal Citation Reports (JCR)からの実際のインパクトファクターではなく、Scopusに基づいたSCImagoジャーナルランク(SJR)を提示しているものもあることを頭に入れておきましょう。ですから、ジャーナルのウェブサイトに掲載された数字が、(1)実際のインパクトファクターであること、(2)最新のものであることを確認しなければなりません。(Cancer2が、はっきりとインパクトファクターと2016年のJCRランキングを掲載しているところをご覧ください

JCRもSJRも、ジャーナルの論文が何度引用されたかを基に計算される平均値です。どちらも、ジャーナルレベルの基準で、各論文が集める注目度を反映したものではないこともあります。論文によっては、インパクトファクターがかなり高いジャーナルで出版されても、全く引用されないこともあり得ます。3更には、引用が明らかになるには時間がかかるだけでなく、特に新しいリサーチ論文を書くことに積極的に関わっていないステークホルダー(例:ヘルスジャーナリスト、保険業者、患者支援団体、ヘルス政策責任者、リサーチ指向ではない役割を持った臨床医)の間で、ある論文がどれ程の波紋をよぶかの唯一の指標ではありません。基本的なレベルでは、論文の利用データ(ダウンロード、閲覧等)から、ジャーナルのオンラインアクセス数の見当がつきます。さらに重要なのは、オルトメトリックデータは、主流メディアやブログでのジャーナルのカバレージ、何度ツイートされるかまたはフェイスブックでどれだけ「いいね」を集めるかを示しているということです。Annals of Neurologyのようなジャーナル4は、オルトメトリックデータを積極的に追跡、共有しますので、もしそのような効果を期待しているのであれば、あなたの論文に比較的似ているもののオルトメトリックスコアを調べると、もしそのジャーナルにあなたの論文が出版されたら、どのようなエンゲージメントが期待できるかの指標となります。

ジャーナルの“Aims and Scope”を理解する:ジャーナルは、その名前が示すよりはずっと「ニッチ」であることがあります。例えば、Histopathology5(このジャーナルの目的は、外科および診断組織病理学者に実用的価値を提供することです)およびJournal of Pathology6(このジャーナルは、ヒトの疾患の病態生化学的および病理学的機構を扱います)を例にとってみましょう。ジャーナルにとってあなたの論文が魅力的かどうかを理解するため、当然調べるべき点(“About”または“Editorial Mission”)の他に、過去の号の目次にざっと目を通し、Review articleや他の収載論文を読んでみましょう。例えば、著者に直接「投稿する原稿が、他国の研究者も興味を抱くであろう問題点やテーマを取り扱っているかを考えるように」7求めているTobacco Controlなどは、喫煙嗜好に関する国限定の疫学調査には恐らく興味はないでしょう。また、原稿のフォーマットだけではなく、投稿手順も論文の種類によって異なるかも知れません(特にprimary literatureとsecondary literature)。例えば、NEJM8は通常、依頼をしていないreview articleは出版しておらず、review articleを投稿したい著者には、投稿前に問い合わせるよう求めています。

インパクトファクターの高いジャーナルの場合、最近収載された論文と自分のリサーチを比べ、以下のような点を検討しましょう。「自分のサンプルは、十分に大きく多様か?」、「データ収集および分析に、この分野で最も高度で綿密な方法を使用したか?」そして「このジャーナルの様々な専門分野や地域にいる読者は、自分の研究結果に興味を示すか?」

さらに加えて、投稿する論文の形式も、ジャーナルがその論文をどう扱うかに影響します。例えばAcupuncture in Medicine9は、システマティックレビューは“original Research”に入れますが、Review articleは “Education and Practice”に入れています。論文の形式は、論文へのアクセスおよび掲載場所にも影響します。例えばOrthopaedic Surgery10の場合、Review articleはアクセスが無料で、ジャーナルのランディングページに大きく掲載されます。

論文の可視性を高めるチャンスを探す:ただ出版されただけで、あなたの論文に関連ある研究者が読んでくれるとは限りません。自らの論文の”read-only version”を共有するなどして、コンテンツを読者に積極的に「勧める」ジャーナルを探しましょう。ソーシャルメディアは、ジャーナルが読者にリーチし、読ませるには貴重なツールです。Cancer11の場合、フェイスブックやツイッターを使い、トップ論文を積極的に広めています。主要メディアを用いて画期的な研究を可能な限り拡散させるため、Wileyのように、Scimexのような科学ニュースポータルと提携し始めた出版社もあります。

前向きな考えを持つジャーナルの中には、マルチメディア・ソリューションを通して、著者に自らのリサーチを促進する援助を提供し始めたものがあります。例えばBritish Journal of Clinical Pharmacology12は、YouTubeおよびVimeoにアップロードできるオーディオビジュアルによる要約を作成するサポートを提供するだけでなく、研究結果の可視性そして専門家としての評判を高めるには、この要約をどのように利用したらよいかについてのアドバイスもしています。Medical Educationは、読者を取り込むため、ポッドキャスト13およびボッドキャスト14(ビデオのポッドキャスト)を使っています。ジャーナルの範囲がニッチで到達範囲が限られているように見えたとしても、その出版社が論文を色々な方法でサポートしていることもあることを覚えておきましょう。Wileyも、多様なチャンネルを使い、多くのジャーナル・論文をサポートしています。

あなたの読者のニーズに積極的に応えようとしているジャーナルを探す:ジャーナルの読者には、研究室で仕事をしていようと診療所で働いていようと、情報以外にもニーズがあります。ジャーナルは、定期的にアクセスしてくれる読者層を築くため、このようなニーズを識別し、応じることがよくあります。例えばTransfusion16の場合、臨床医がある特定の論文を読み、テストに合格することで、CMEポイントがもらえるようなシステムを取り入れています。Muscle & Nerve17は、求人情報をホームページにリンクしています。HIV Medicine18は、患者のケアにとって非常に重要な情報を広く提供する原稿のfast-track制に加え、臨床医が実際に接する多様な患者(例:妊婦およびTB/HIVに重感染した成人)ケアについて、無料でガイドラインを提供しています。Obesityの”Patient Page”19は、臨床医が患者と情報共有できるように、最新の研究情報を専門用語を使わずに提供しています。

ジャーナルの評判を検証する:投稿経験のある著者は、質の悪いジャーナルに騙されることはないでしょうし、オンラインで利用できる様々なホワイトリストおよびブラックリストも知っていると思いますが、注意するに越したことはありません。ジャーナルの評判が、あなたの論文を汚すことないよう、あなたが選んだジャーナルを同僚または上司に確認するばかりでなく、ジャーナルのウェブサイトに載っている編集委員を調べ、ThinkCheckSubmit.orgRetraction Watchなどで確認することもできます。例えば、2017年4月のTumor Biologyによる論文107本の取り消し20は、その評判に大きな打撃を与えました。JAMA Internal Medicineのような名高いジャーナルも論文を取り消した21ことはありますが、取り消しの理由やその頻度は、ジャーナルの評判に影響します。ですから、あなたの研究結果がそれに相応しい信頼を得られるよう、投稿する前に投稿先のジャーナルの「身元調査」をすべきです。 

ジャーナルの特別要件を満たせることを再確認する:ジャーナルの基本要件を満たせないようならば、どんなに魅力のあるジャーナルにも投稿する意味はありません。例えばDiabetic Medicine22の場合、論文を投稿する前にORCID IDを持っているか確認しなければなりません。Journal of Gastrointestinal Surgery23は、非侵襲的治療戦略に関する論文を拒否する傾向があります。同様に、Tropical Medicine & International Health24に投稿された論文は、hypothesis significance testingにのみ基づきp値しか発表しない場合は、考慮されないかも知れません。

 

最近のデータ共有に関するICMJEの推奨25を考慮し、以前に論文を出版したことのあるジャーナルでも、もう一度その投稿指針を確認してみることを勧めます。2018年7月1日以降にJAMAあるいはPLOS Medicineに投稿しようとしているのであれば、data-sharing statementを含めることが必須となります。そのような声明を2018年7月以前に含めても損はないでしょう。むしろ、手抜かりがなく、リサーチのベストプラクティスの順守に徹底しているという印象をさりげなく与えることになるかも知れません。

要約すると、投稿するのに適したジャーナルを選ぶのは、ジャーナルのAim and Scopeに合わせたり、高インパクトファクターを探すだけではないということです。あなた自身とあなたのリサーチに最高の利益をもたらすジャーナルに目標を定め、投稿前の質問やfast-track投稿等のシステムを利用しましょう。26最終的には、企業主導型リサーチを広めるために適したジャーナルを選ぶことは、原稿を受け入れてもらうためだけでなく、最も関連あるステークホルダーに研究結果を伝え、それを実際の効果に変えるために不可欠なのです。

References:

1. Is The BMJ the right journal for my research article? http://www.bmj.com/about-bmj/resources-authors/forms-policies-and-checklists/bmj-right-journal-my-research-article
2. Cancer. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)1097-0142
3. Citrome, Leslie, 2015, “Moving forward with article level metrics: introducing altmetrics” http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/ijcp.12706/full
4. Annals of Neurology. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)1531-8249
5. Histopathology. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1111/(ISSN)1365-2559
6. Journal of Pathology. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)1096-9896
7. Tobacco Control. http://tobaccocontrol.bmj.com/pages/authors/
8. NEJM. http://www.nejm.org/page/author-center/article-types
9. Acupuncture in Medicine. http://aim.bmj.com/pages/authors/
10. Orthopaedic Surgery. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1111/(ISSN)1757-7861
11. Cancer Facebook page. https://www.facebook.com/ACSJournals
12. British Journal of Clinical Pharmacology. http://bpspubs.onlinelibrary.wiley.com/hub/journal/10.1111/(ISSN)1365-2125/journal-features/video-abstracts.html
13. Medical Education. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1111/(ISSN)1365-2923/homepage/podcasts.htm
14. Vodcast, Medical Education. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1111/(ISSN)1365-2923/homepage/welcome_video_from_the_editor_in_chief.htm
15. Wiley. Promoting your research. https://authorservices.wiley.com/author-resources/Journal-Authors/Promotion/index.html
16. Transfusion. https://www.wileyhealthlearning.com/trf.aspx
17. Muscle & Nerve, http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)1097-4598
18. HIV Medicine. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1111/(ISSN)1468-1293/homepage/bhiva_guidelines.htm
19. Obesity. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1002/(ISSN)1930-739X
20. Retraction Watch, 2017, “A new record: Major publisher retracting more than 100 studies from cancer journal over fake peer reviews” http://retractionwatch.com/2017/04/20/new-record-major-publisher-retracting-100-studies-cancer-journal-fake-peer-reviews/
21. Colla, Carrie, H.; Lewis, Valerie, A.; Kao, Lee-Sien; et al., 2017, “Notice of Retraction and Replacement: Colla et al. Association between Medicare accountable care organization implementation and spending among clinically vulnerable beneficiaries. JAMA Internal Medicine. 2016;176(8):1167-1175” http://jamanetwork.com/journals/jamainternalmedicine/article-abstract/2653013
22. Diabetic Medicine. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1111/%28ISSN%291464-5491/homepage/ForAuthors.html#author1
23. Journal of Gastrointestinal Surgery. https://link.springer.com/journal/11605
24. Tropical Medicine & International Health. http://onlinelibrary.wiley.com/journal/10.1111/%28ISSN%291365-3156/homepage/ForAuthors.html
25. Taichman, Darren, B.; Sahni, Peush; Pinborg, Anja; et al., 2017, “Data Sharing Statements for Clinical Trials: A Requirement of the
International Committee of Medical Journal Editors” http://www.icmje.org/news-and-editorials/data_sharing_june_2017.pdf
26. Wiley. 8 top tips to make sure your industry-sponsored research submission grabs a journal editor’s attention. https://corporatesolutions.wiley.com/8-top-tips-to-make-sure-your-industry-sponsored-research-submission-grabs-a-journal-editors-attention/