企業主導型研究論文の投稿が、ジャーナル編集者からの 注目を集めるようにするための 8つのポイント

企業主導型研究論文における最後で最も重要なステップは、投稿原稿をジャー
ナル編集者の目を通越し、出版にまで持ち込むことです。投稿された原稿が考 慮に値するかどうかを決める編集者は、出版過程における最重要人物です。 ですから、原稿が編集者の目に留まるようにしなければならないのです。

編集者は、受け取った原稿がジャーナルの範囲、また読者に見合っていて、基準 に達していることを確認しなければなりません。掲載拒否率は通常60~70%で すが、90%以上1のこともあります。企業主導型研究に基づく原稿を扱っている 時には、編集者の責任はさらに重くなります。利益相反が研究の信頼性に響く と考えられるからです。Good publication practice 3(GPP3)指針2は、以下の ような推奨をしています。

  • ジャーナルの要件、特に独創性および重複投稿の回避に関する倫理指針に 従うこと。
  • 全治験のデザインおよび結果を、完全、正確、公正、透明性を保ち適切な形 で報告すること。
  • 全貢献者の権利、役割、要件そして責任を書面で確認すること。
  • 研究のデザイン、遂行、分析、報告および資金提供(該当する場合)におけ るスポンサーの役割を、調査結果の全出版物および発表を完全に開示する こと。
  • 著者および貢献者は全て、研究およびその出版または発表にまつわる関わ り合いまたは利益相反の可能性を開示すること。

「そのような論文の倫理的な健全性を確認しなければならないというプレ ッシャーがあるのは確かです」とNRC Research Press/Canadian Science Publishingの名誉編集長およびアルバータ大学再生可能資源学部の名誉教授 Bruce Dancik氏は語っています。

では、(ジャーナルに送られている何百本もの原稿のうちの1本である)あなた の原稿が編集者に注目されるようにするにはどうしたらよいのでしょうか? 専門家からのアドバイスをいくつかご紹介します。

1. 適したジャーナルを選ぶ

対象とする読者にリーチするのは、極めて重要な結果です。まずは、 あなたの優先事項を挙げてみましょう。国際的ジャーナルが良いでしょ うか?出版するにあたり、ある決まった時間枠がありますか?オープンア クセスにしますか?大切なことは、あなたの論文と同領域のケーススタ ディ、観察研究、治験等を出版しているジャーナルを選ぶことです。あな たの要件を満たすジャーナルを、少なくとも3誌挙げてみてください。そ の分野で評判が高く、あなたが対象とする人たちを読者とし、同僚や上 司が良く知っているジャーナルは候補として相応しいでしょう。参照リス トに目を通し、あなたの研究と同様の研究がどのジャーナルから出版さ れているか確認してみても良いでしょう。

2. 投稿する前に質問を送る

この段階を踏むことで、出版過程にかかる時間と労力がかなり節約され ます。編集者も一般に、投稿前の質問を歓迎します。なぜなら不適切な 原稿を扱うよりも、投稿前に質問を受ける方が編集者にとっても良いか らです。以下の点を含め、簡潔な質問を送りましょう。

  • 論文の要約
  • 研究デザインについての要点
  • 原稿がなぜそのジャーナルの興味の対象となるか

まずは、なぜ質問を送ったのかという理由から始め、十分な情報を基に 原稿を投稿するかどうかを決定するに当たり、編集者からの回答は役に 立つということを示唆します。複数のジャーナルに同時に投稿することは できませんが、投稿前の質問は、複数のジャーナルに同時に送ることが できるという良い点があります。そして、受け取った回答を基に、どのジャ ーナルにアプローチするかを決めることができます。

3. 漏れのない、好印象を与える投稿パッケージを準備する

投稿パッケージが良いと、原稿が出版される可能性が非常に高まります。 投稿に関する指示に従わなければならないのは当然のことですが、もう1 点重要なのは、カバーレターです。カバーレターには、原稿がどのように ジャーナルの目的や包括範囲を満たしているかを説明し、内容の新規性 およびその分野への貢献を強調します。他では出版されていないことも 確認します。インパクトのある表題と摘要を付け、完全でフォーマットの 整った原稿を準備します。Dancik氏は、編集者が求めるのは次のような ものだと語っています。

「何か新しいもの。読者の興味の対象となるもの、明確、簡潔で理解し やすく、はっきりした論拠および論理があり、誤植、綴り間違い、文法の 間違いがないように良く書かれ、見直されているもの」投稿パッケージには、オーサーシップに関する声明、利益相反開示、 研究デザインに対する倫理審査委員会承認および患者の同意説明文書 のような付属書類も含めなければなりません。

4. 明確で完全な開示声明を付ける

医療およびヘルスケア・ジャーナルのほとんどは、国際医学出版専門業 協会(International Society for Medical Publication Professionals: ISMPP)3、医学雑誌編集者国際委員会(International Committee of Medical Journal Editors: ICMJE)4、EQUATORネットワーク5、Good Publication Practice(GPP)6、およびMedical Publishing Insights and Practices(MPIP)7等が指導する出版界によって承認された報告指 針に従うことを義務付けています。このような指針をよく理解し、対象と するジャーナルが奨励する指針に注意深く従うようにしましょう。

5. 明確で完全な開示声明を付ける

スポンサーが研究・分析または結果に影響を及ぼしていないことを編集 者は確認しなければなりません。「企業主導型の研究では、スポンサー シップについての完全で明確な開示およびスポンサーが研究を実施し なかったという情報(つまり、研究者はスポンサーから独立していたとい うこと)を、私は求めます」とDancik氏は言っています。

透明性は、編集者が原稿を容易に評価し、迅速に結論を出せるようにする のに役立ちます。ですから、以下の点を完全に開示するようにしましょう。

  • スポンサーシップ:誰が研究を委託および出資したか、そしてその人 物がどれほど研究に関わっていたかを明確に述べる。
  • 利益相反:カリフォルニア大学のStanley G Korenman内科学教授 は、このように語っています。(編集者は)「(直接的または間接的に スポンサーから治験担当医師-著者に提供された)あらゆる利益の ことを利益相反と定義しています」8 ですから、資金に関係がある かないかに関わらず、全ての利益相反を開示しましょう。
  • オーサーシップの詳細:原稿を書く際に監督をした実際の著者が誰 かを述べ、執筆および編集において援助を求めた場合には、それも 開示します。企業主導型研究に参加した学術治験担当医師-著者も 含め、全ての著者がプロトコルを承認し、データの分析および結果 に同意し、結論を支持しているということを、編集者に確信させなけ ればならないとKorenman氏は言っています。
  • データ:データの所有権の詳細も開示し、投稿時にその土台となる 研究データを提供することで、編集者にさらに良い印象を与えるこ とができます。

6. 倫理審査委員会からの認証および許可を受けているという確 認を含める

治験を投稿するには、プロトコル登録に関する詳細を入手し、ジャーナ ルが治験に準拠を求める全ての指針に従いましょう。安全および倫理承 認委員会からの承認、秘密保持契約および患者同意書を含めないと、 投稿拒否につながる恐れがあります。

7. 盗用がないかを調べる 

盗用および自己盗用は重大な不正行為で、原稿の拒否につながる恐れが あります。自分自身の過去の論文からのアイデアや文章を再利用する場 合でも、(直接引用の場合は引用および引用符を使い)利用を認めます。 ほとんどのジャーナルは、選考段階で盗用がないかを調べますが、 iThenticate9、PlagTracker10およびViper11のようなソフトウェアを使い、 前もって自分で原稿を調べ、重複がある場合は、言い換えたり出典を引 用したことを確認するようにしましょう。

8. 偏見がなかったことを強調し、詳細に渡る研究デザインを投稿 する

研究デザインおよび結論へのスポンサーの関与を明確にする以外にも、 補足データと併せて、後になって問題が起こらないように、方法および 結果も十分に説明しましょう。Dancik氏は、以下のようにアドバイスを しています。「出版の専門家は、自分たちが扱う原稿は全て、倫理に沿っ て実施、報告され、全ての著者が潜在的な利益相反を完全開示している ことを確認しなければなりません。各著者は、オーサーシップの責任を 理解しておかなければなりません」

 

PDFをダウンロードする

 

References

1. Frontiers Blog, 2015, Selecting for impact: New data debunks old beliefs https://blog.frontiersin.org/2015/12/21/4782/
2. Battisti, Wendy P.; Wager, Elizabeth; Baltzer, Lise; et al., 2015, Good publication practice for communicating company-sponsored medical research: GPP3 http://annals.org/aim/article/2424869/good-publication-practice-communicating-company-sponsored-medical-research-gpp3
3. International Society for Medical Publication Professionals (ISMPP) http://www.ismpp.org/
4. International Committee of Medical Journal Editors (ICMJE) http://www.icmje.org/
5. Enhancing the QUAlity and Transparency Of health Research (EQUATOR)
http://www.equator-network.org/
6. ISMPP, 2015, GPP3 guidelines, 2015 http://www.ismpp.org/gpp3
7. Medical Publishing Insights and Practices (MPIP) https://www.mpip-initiative.org/
8. Korennman, Stanley G., 2003. The role of journal editors in the responsible conduct of industry-sponsored biomedical research and publication: A view from the other side of the editor’s desk www.raco.cat/index.php/QuadernsFDAE/article/view/279864/367536
9. iThenticate http://www.ithenticate.com/
10. Plagtracker http://www.plagtracker.com/
11. Viper https://www.scanmyessay.com/